ダイヤモンドの“シェイプ”とは?

ダイヤモンドは、ウェディングと密接に結びついていることもあり、女性にとって憧れのジュエリーの1つです。実はジュエリーの王道ともいえるダイヤモンドは、シェイプやカットなどによって輝きがことなり、さまざまな種類があることをご存じでしょうか。お気に入りのジュエリーを賢く購入するためにも、知っておいて損をすることはありません。

そこで、今回は、ダイヤモンドのシェイプとカットの違いやいろいろな要素との関係についてくわしくご紹介します。

ダイヤモンドの“シェイプ”とは?

ダイヤモンドは透明で色彩を持たず、光にあてるとキラキラと輝き、高貴で美しいジュエリーとして知られています。

原石は無色のものもありますが、実は、色味を若干帯びたものがほとんどです。従って、原石の状態が無色で透明度の高いものは希少価値があり、評価や価格は高くなります。

その形状は非常に個性的で、「rough diamond」または「diamond in rough」と呼ばれています。「rough」とは「荒い」という意味で、「ゴツゴツしている、デコボコしている」ものを指します。

ダイヤモンドの原石はどれも形状が個性的なので、その個性ある形状から最適なシェイプに加工することが大切です。

シェイプとは

シェイプ(shape)とは、日本語では「形」の意味です。つまり、「輪郭や形状のこと」で、原石の特性から最も適した形を決めて切り出します。

ちなみに、原石は状態によって使用用途が分類され、硬度が高いものは工業用として使用されます。

ジュエリー用の原石の形状は、大きく下記5種類に分類されます。

  1. ストーン(正八面体)
  2. シェープ(やや不規則で形状にばらつきがある)
  3. クリーベッジ(ストーンよりさらに不均整でいびつな形状)
  4. マクレ(薄い三角形)
  5. クラット(薄い平らな板状)

形状に合わせてシェイプを決めていきます。形の整っているストーンだからこそ加工できるシェイプもありますし、マクレという形状の特徴を活かして加工するシェイプもあります。また、クラットは、その形状からメインとなる石の周りを飾るために使用されることが一般的です。

ダイヤモンドは、これら5種類の原石をどのようなシェイプに整えるかによって、ジュエリーとしての価値が決まります。

シェイプとカットの違い

ジュエリーを好きな人やジュエリーにくわしいという人は、カットという言葉の方がなじみがあるかもしれません。そこで、シェイプとカットとの違いについて説明しましょう。

「ダイヤモンド シェイプ」と呼ばれる場合は、幾何学的な外観の輪郭や全体的な形状を指すことが一般的です。ダイヤモンドは、独自の属性やカットの仕方があり、原石をどんなシェイプを整えていくかによって印象が変わります。

一方、カットは、ダイヤモンドを研磨し、最終的に成形する際のスタイルやデザインのことです。「ダイヤモンド カット」と呼ばれる場合は、その対称性や全体のプロポーション、輝きなど全ての要素が含まれています。カットは全ての要素を含み、ジュエリーとしての輝きにも大きく影響しますので、非常に重要です。

宝石商やジュエリー業界の専門家の間では、この2つの言葉を区別せずに使われることも少なくありません。しかし、教科書的な観点から厳密にいえば、「ダイヤモンド シェイプ」は「輪郭・形状」を意味し、「ダイヤモンド カット」は「切子面・比率・寸法・全般的な反射特性」のことをいいます。

シェイプとカラーの関係

カットの違いについて説明したところで、今度は、ほかのどのような要素と関係し、影響を受けるのかについて説明しましょう。まず、シェイプとカラーの関係についてです。

ダイヤは、自然界で採掘されるものですので、無色のものは非常に希少価値があります。逆にいえば、ほとんどは、イエローやブラウン、ピンク、グレーやホワイトなど色味がかっています。

このカラーは、シェイプと密接な関係があります。というのは、シェイプによる光の反射具合を利用することで、色味をうまく隠すことができるからです。

例を挙げると、ラウンド型の形状に整えた場合、ほかの種類よりも反射する光の量が多くなります。この光の屈折を利用することによって、黄色みがかったものでも色味を目立たなくすることができます。

シェイプとクラリティの関係

次に、シェイプとクラリティの関係について説明します。

クラリティとは、ダイヤモンドに含まれるインクルージョンやブレミッシュがどれだけ少ないかという程度を表す透明度のことです。インクルージョンとは、石の中に含まれる欠陥や内包物のことで、ブレミッシュは表面的な疵(きず)のことを指します。インクルージョンは肉眼ではほとんど見えないものが多いため、輝きや美しさに影響を及ぼすことはほとんどありません。

そもそも原石は、地面の深いところに大きな圧力や高熱などにさらされて形成されますので、天然のインクルージョンやブレミッシュが入ることは避けられません。とはいえ、このインクルージョンは唯一無二のものでもありますので、その石の持つ個性であると言い換えることもできるでしょう。

宝石鑑定士の鑑定によってインクルージョンが小さくて少なければ、クラリティのグレードは高くなり、それに応じて価格も高くなります。

ちなみに、クラリティは無傷からインクルージョンがあるものまで、6つのカテゴリーとグレードに分かれています。シェイプのなかには、このクラリティの影響を大きく受けるものもあります。ファンシー・シェイプ・ダイヤモンドと呼ばれるもののいくつかは、その形状や輪郭の持つ特性から、高いクラリティグレードのものでなければインクルージョンを隠したり、華やかな輝きを放つことができません。

つまり、十分な輝きを求める場合は、クラリティの程度のせいで選択できないシェイプがあるということです。

シェイプと価格の関係

最後に、シェイプと価格の関係について説明します。価格にも大きく影響しますので、購入する際には十分検討することが大切です。

一般的に、ラウンド・シェイプは、市場で最も需要が高いとされています。また、カットが多いことから華やかな輝きを放つことができますので、ダイヤモンド本来の美しさを引き出すことができるともいえるでしょう。

さらに、このラウンド・シェイプは、製造する際に非常にコストがかかることもあり、ほかのものより高値がつけられる傾向にあります。

ダイヤモンドのシェイプの種類

ダイヤモンドのシェイプには、大きく分けて2種類あります。この章では、この2つの種類の特徴について、くわしく説明しましょう。

ラウンドカットダイヤモンド

1つ目は、ラウンド・カット・ダイヤモンドです。カットという言葉が入っているためにまぎらわしいですが、このラウンド・ カット・ダイヤモンドは最も伝統的なもので、ほかに「ラウンド・ブリリアント・カット 」とも呼ばれています。

ラウンド・カット・ダイヤモンドは、キラキラとして非常に輝きが強いため、ダイヤモンド・ シェイプの中でも最も人気の高いことで知られています。また、カットや色彩、クラリティなどのグレードを調整しやすく柔軟性が高いため、好みの輝きに調整できるという特徴もあります。

もし、このラウンド・カット・ダイヤモンドを購入する場合は、トルコフスキー氏が数学的に算出し、ポリッシュ(研磨)とシンメトリー(対称性)が極めて美しいとされる「アイデアル・カット」がおすすめです。

ファンシーシェイプダイヤモンド

2つ目は、ファンシー・シェイプ・ダイヤモンドです。1つ目のラウンド・カット・ダイヤモンド以外を全てまとめて、このように呼んでいます。このファンシー・シェイプ・ダイヤモンドは全部で10種類あり、それぞれにちなんだ意味を持っています。

  1. ラウンド(Round:丸い)
  2. プリンセス(Princess:王女)
  3. エメラルド(Emerald:翠玉/すいぎょく)
  4. アッシャー(Asscher:ダイヤモンドのブランド名)
  5. マルクイーズ(Marquise:公爵夫人)
  6. オーヴァル(Oval:楕円形)
  7. レイディアント(Radiant:輝く)
  8. ペア(Pear:洋なし)
  9. ハート(Heart:心)
  10. クッション(Cushion:クッション、座布団)

この中でも、特にプリンセス・シェイプは非常に人気が高く、エンゲージリングによく使用されています。スクエアカットとも呼ばれており、四隅が鋭角で、その形状は正方形から長方形までさまざまです。

このプリンセス・シェイプには、四隅に少し黄色みを帯びてしまう傾向があります。もし、このタイプのジュエリーを購入したい場合は、ラウンド・カット・ダイヤモンドよりも高いカラーグレードのものを選ぶとよいでしょう。

多種多様なシェイプのダイヤモンドを購入するならECがおすすめ

ダイヤモンドのシェイプとカットの違いや種類、いくつかの要素との関係について説明しました。そんな多種多様なシェイプのなかで目当てのものが決まったら、いわゆる電子商取引として知られる「EC(Eletronic Commerce)」での購入がおすすめです。

この章では、ECで購入する場合の2つのメリットについて、くわしく説明しましょう。

種類が豊富で価格帯も広い

ECで購入する1つ目のメリットは、市場で人気の高いダイヤモンドの種類が豊富で、価格帯が広いことです。

百貨店やジュエリー専門店など実際に店舗を運営している場合は、店舗の大きさによってジュエリーの品揃えが限定されます。また、利益を出すためには、家賃や光熱費、スタッフの人件費、店舗名・ブランド名や商標など知的財産権にかかる費用をジュエリーに上乗せして販売する必要があります。

一方、ECを運営する場合には、店舗にかかるさまざまなコストが一切かかりません。従って、ECで購入する方が同じ値段でも高品質のものを購入できることもあります。

さらに、専用の倉庫などで管理すれば十分ですので、より多くの種類を取り揃えることができますし、取り扱う数が多いため、価格帯もさまざまです。ダイヤモンドは幅広い年齢層に人気が高く、若い方は「財布の中身」と相談し、自分の身の丈に合ったものを購入したいと思っていらっしゃるかもしれません。社会人であれば、日ごろの自分へのご褒美も兼ねて、質の高いジュエリーを購入したいという方もいらっしゃるでしょう。

ECの場合は、いろいろな種類の幅広い価格帯のジュエリーを、百貨店やジュエリー専門店よりも安価で購入することができます。

24時間どこでも注文できる

ECで購入する場合の2つ目のメリットは、24時間どこでも注文できることです。

一般的に、学生や社会人は、平日の昼間に学校での活動や仕事がありますので、百貨店やジュエリー専門店などお店に足を運びにくいという問題があります。さらに、せっかく休みの日に訪れても、混雑していてゆっくり見れないこともあるかもしれません。

その点、ECであれば、オフィスの昼休みや休みの日に自宅でゆっくりしながら、好きな時間に好きな場所で購入できます。

ダイヤモンドジュエリーなら「オールジュエリー」

もし、いろいろなシェイプのダイヤモンドを見たい、購入したいという方は、「オールジュエリー」の商品をチェックしてみてください。「オールジュエリー」は、ジュエリー専門のECサイトです。国内や海外から仕入れたジュエリーを豊富に取り揃えており、運営を開始してから既に10年以上の実績を持っています。

ダイヤモンドでしたら、いろいろなモチーフのリングやプラチナ台のピアス、ジュエリーケースに入った0.1カラットの石をあしらったネックレスなどがおすすめです。ほかの石と組み合わせたジュエリーや、ブラックダイヤのペンダントなどもあります。

このほか、雑誌やテレビ番組など、メディアで紹介された話題のアクセサリーも紹介しています。「オールジュエリー」のサイトで検索すれば、きっと、お気に入りのものが見つかると思います。

>>ジュエリーを探す<<

気に入ったダイヤモンドのシェイプを選ぼう

さん然ときらめくダイヤモンドのジュエリーは、身につけるだけで気分も上がります。どんなシェイプのものを選ぶかによって、その輝きはさらに増すことでしょう。

記念日や日ごろ頑張っている自分へのご褒美にダイヤモンドのジュエリーを購入したいと思ったら、気に入ったシェイプのものを選びましょう。