愛妻の日とは?1月31日は愛妻に感謝や愛情を伝えてみませんか?

あなたは、結婚した時のことを覚えていますか。結婚した当初は、心から奥様のことを大切にしよう、一生幸せにしようと思ったことでしょう。

きっと奥様に感謝している旦那様は、大勢いるはずです。しかし心の中で思っていても、面と向かって感謝の気持ちを伝えるのは簡単なことではありません。

そんな方は「愛妻の日」に、日ごろの感謝や愛情を愛する奥様に伝えてみませんか?

愛妻の日とは?

そもそも愛妻の日とは、2006年(平成18年)に「日本愛妻家協会」によって制定された記念日のことです。数字の「1」をアルファベットの「I」と見立て、数字の「31」と続けると「アイ・サイ」と読めるので、その語呂合わせから「1月31日」「愛妻の日」となったようです。

ちなみに「日本愛妻家協会」は、2005年(平成17年)に「妻との関係がいつまでも円満であることで世界が平和になる」という理念のもと、愛妻家を増やすことを目的に設立されました。

これまで奥様に感謝や愛情を伝えられなかったという方も、この「愛妻の日」こそ、思いを伝える絶好のチャンスです。

愛妻の日におすすめの過ごし方

1月31日が「愛妻の日」であることはわかりましたが、奥様とどんなふうに過ごせば、感謝や愛情を伝えられるでしょうか。そこで、「愛妻の日」におすすめの過ごし方を2つご紹介します。

旅行やデート

定番ですが、日ごろの感謝や愛情を伝えるためにも、「愛妻の日」には旅行やデートがおすすめです。交際して間もない頃は、初めて2人で旅行をしてドキドキしたことや、どんなデートをしようか一生懸命考えて、必死に計画を立てたことがあったのではないでしょうか。その当時のワクワクやドキドキを思い起こして、思い出の場所へ旅行に行ったり、デートに出かけたりするのもよいと思います。

また、結婚して一つ屋根の下で長い時間を過ごした今だからこそ、奥様が行きたい場所やしてみたいことがあるかもしれません。大切なのは奥様が今、何を望んでいるかということです。案外毎日の生活のなかで、奥様のちょっとした仕草や言葉にヒントが隠されているかもしれません。「愛妻の日」を心から楽しく過ごせるよう、改めて愛する奥様を観察してみましょう。

家でまったり

「愛妻の日」には、家でまったりして過ごすのもおすすめです。お子さんがいらっしゃる場合には、思い切って両親やベビーシッターに預けて、2人だけの時間を過ごすのもよいでしょう。2人きりの空間で映画鑑賞をしたり、料理を作ってお祝いをしたりするのもステキです。

家でまったり過ごすために、一緒に買い出しをするついでに、ちょっとしたデートを楽しむのもよいかもしれません。慌ただしい毎日を送っているからこそ、「愛妻の日」は愛する奥様のために非日常的なリラックスした時間を演出し、日ごろの忙しさから解放してあげてください。

愛妻の日に贈りたい、おすすめのプレゼント5選

「愛妻の日」に2人で過ごすだけでなく、日ごろの感謝や愛情を込めて奥様にプレゼントを贈るのもよいでしょう。ここでは「愛妻の日」に贈りたい、おすすめのプレゼント5選をご紹介します。

旅行

「愛妻の日」のプレゼントとして、旅行をプレゼントするのもおすすめです。お子さんがいらっしゃる場合には、事前にご両親に相談し、預かってもらうのもいいかもしれません。もちろん家族全員で旅行をして、お子さんに「愛妻の日」について説明し、協力してもらうのもよいと思います。

「愛妻の日」は1月31日で、暦の上では冬真っ盛りですので、近くの温泉への一泊旅行などもよいでしょう。海外旅行や長期の旅行でなくても、日ごろの感謝や愛情が伝わるような旅行をプレゼントすれば、奥様はきっと喜んでくれるはずです。

エステ

「愛妻の日」のプレゼントに、奥様へエステをプレゼントするのもよいでしょう。女性は、いつまでも美しくありたいと思っているものです。毎日の家事や子育て、仕事に追われ、最低限の身だしなみを整えるのが精一杯で、「自分磨きどころではない」という奥様も少なくないでしょう。

昨今のエステは、痩身を目的にしたものだけではありません。小顔やゆがみを目的にしたものなどさまざまです。仕事や家事での疲労や寝不足、お子さんの屋外でのイベントの付き添いなどで、肌にダメージを受けたり、身体全体が凝り固まったりしているかもしれません。そんな奥様への「ごほうび」に、ゆったりとプロの施術を受けられるエステをプレゼントすれば、きっと日ごろの疲れも癒されることでしょう。

花束・ボックスフラワー

「愛妻の日」には、奥様の好きな花をリサーチして、花束やボックスフラワーを贈るのもおすすめです。奥様の誕生月の花を中心に、アレンジしてもらうのもよいでしょう。

フラワーボックスとは、その名の通り、アレンジされて箱に詰められた花のことです。家の中に花があると部屋の雰囲気が華やかになり、気分的にも癒やされます。花束もステキですが、「お手入れの時間が取れない」という忙しい奥様には、フラワーボックスがおすすめです。フラワーボックスは箱に入っているので持ち運びしやすく、わざわざ花瓶などに生け直す必要がありません。

生花ではなくブリザーブドフラワーにすると、長期間飾っておくこともできます。箱を開けて好きなところに飾ればよいので、忙しい奥様も喜ばれるでしょう。

服・バッグ

服やバッグも、「愛妻の日」にふさわしいプレゼントといえるでしょう。日々の生活に追われて自分を着飾る余裕がないという奥様も、実はずっと欲しいと思っている服やバッグがあるかもしれません。

毎日、仕事や育児に適した実用的な服やバッグを身につけている奥様には、「愛妻の日」にデートするための特別な服やバッグをプレゼントするのもおすすめです。特に結婚して5周年・10周年などの節目にあたる「愛妻の日」には、少し奮発して、奥様が気に入っているブランドの服やバッグをプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

ジュエリー

プレゼントとしては王道ですが、「愛妻の日」にジュエリーを贈るのもよいでしょう。結婚記念日にジュエリーを贈るという方もいらっしゃるでしょうが、「愛妻の日」は、奥様が主役です。また、結婚記念日や誕生日ほど覚えていない可能性が高いので、「愛妻の日」はサプライズを演出しやすい日でもあります。奥様のタイプによって、ジュエリーをプレゼントするとともにサプライズをしてみるのはいかがでしょうか。

可愛らしく優しいタイプの奥様には、ジュエリーとともに直筆のラブレターを贈ってみましょう。なかなか感謝や愛情を伝える機会がないなら、「愛妻の日」に心のこもった手紙を添えれば、惚れ直してくれるかもしれません。

アクティブでいつも元気な奥様には、食事を作ってあげるのもよいでしょう。席に着いた奥様が、テーブルに並ぶ料理を見て驚いたところでジュエリーをプレゼントすれば、「愛妻の日」がハッピーな1日となることは間違いありません。

また、エレガントで上品なタイプの奥様には、レストランやホテルにエスコートするのがおすすめです。2人でドレスアップして、思い出のレストランやホテルでゆっくりと食事を楽しんだ後にジュエリーをプレゼントしたら、奥様も心から喜んでくれることでしょう。

愛妻の日にジュエリーを贈るなら

「愛妻の日」にジュエリーを贈ろうと決めたら、どんなものを贈ったら奥様が喜んでくれるのかを考えて用意することが大切です。ジュエリーを選ぶ際は、奥様のことを思い浮かべつつ、これから紹介する3つのポイントを押さえておきましょう。

普段の服装やジュエリーをチェック

「愛妻の日」にジュエリーを贈るなら、まず事前に奥様の普段身につけている服装やジュエリーをチェックしましょう。好みに合ったものや普段使いしやすいジュエリーは、身につける頻度が高くなります。一方、好みでないものや普段使いできないものは、せっかくプレゼントしても、ジュエリーボックスに眠ったままとなる可能性も…。

特別な日に身につけてもらうジュエリーを贈るのもよいですが、人にはそれぞれ好みがあります。そこで「愛妻の日」までに、奥様の好みや傾向をリサーチしておくと安心です。

  • シルバー系とゴールド系のどちらが好きか
  • シンプルなものと凝ったデザインのどちらが好きか
  • リングやピアスなど、身体のどの部分にジュエリーを身につけることが多いか

心から喜んでもらうためにも、普段の服装やジュエリーをチェックしておきましょう。

宝石言葉で想いを伝える

「愛妻の日」にジュエリーを贈るのであれば、宝石言葉で想いを伝えるという方法もあります。どんなに奥様のことを大切に思っていても、その気持を素直に伝えるのは、案外難しいものです。そこで奥様に伝えたいことを花言葉ならぬ、宝石言葉に託してみてはいかがでしょうか。

数多くある宝石には、それぞれ宝石言葉がつけられています。なかでも、「愛妻の日」にピッタリの宝石言葉を持っている宝石を紹介しましょう。

  • ガーネット:大切な人との絆
  • アクアマリン:幸せな結婚
  • ダイヤモンド:永遠の絆
  • ルビー:情熱・仁愛
  • サファイア:堅固な愛

今、あなたが奥様に伝えたいと思っているメッセージは、どれでしょうか。愛する奥様のことを思い浮かべながら、ふさわしい宝石言葉を選んでみましょう。

刻印でメッセージを

「愛妻の日」にジュエリーを贈るなら、刻印でメッセージを伝えるのもおすすめです。イニシャルやメッセージを刻印すれば、世界にたった1つしかないジュエリーになります。

贈りたいジュエリーが決まったら、刻印するメッセージも考えてみましょう。英語の「I love you(愛しています)」など、すぐにわかるようなメッセージは「照れくさい」という方は、イタリア語やラテン語にするのも一案です。たとえばイタリア語の「sei cosi dolce(愛しのあなた)」や、ラテン語の「si vales valeo(あなたの幸せが私の幸せ)」などはいかがでしょうか。すぐにわからないメッセージを刻印すれば、それだけでサプライズになりますし、奥様が後で意味を調べた時に、あなたの「粋な演出」に感動するかもしれません。

愛妻に贈るジュエリー選びならオールジュエリー

「愛妻に日」に贈るジュエリーを選ぶなら、ぜひ、ネット通販「オールジュエリー」で、アイテムをチェックしてみてください。当サイトは、海外や国内から幅広く仕入れた約8,000点のラインナップを取り揃え、運営を開始して16年の実績を持つジュエリーの専門サイトです。専門店や百貨店などと異なり、店舗の管理や運営などに必要なコストを最大限に削減し、ジュエリーの品質にとことんこだわっているのが特徴です。

「愛妻の日」のプレゼントにピッタリのアイテムも、豊富に揃っています。普段使いができるジュエリーでしたら、オーダメイドのネームリングはいかがでしょうか。イニシャルダイヤモンドピアスや一粒石のネックレスも、服装やシーンを選びません。

宝石言葉で選ぶなら、天然ダイヤとガーネットをあしらった2連リングのトップがついたネックレスなどもおすすめです。刻印を入れる場合は、指輪の外側や内側に入れられるデザインのアイテムも複数あり、即納可能です。

また、光の当たる角度によって色彩が変化する、「高貴」という宝石言葉のアレキサンドライトを使用したアイテムも、当サイト自慢のジュエリーです。アレキサンドライトを使用したハート型や一粒石をあしらった各種アイテムも、プレゼントにピッタリです。

いずれもリーズナブルで高品質のアイテムが揃っていますので、「愛妻の日」にジュエリーを贈るのであれば、ぜひ「オールジュエリー」をご覧ください。

>>ジュエリーを探す<<

1月31日は愛妻に感謝や愛情を伝えよう

昨今のコロナ禍で家族の「おうち時間」が増え、奥様の毎日の負担も大きくなっているかもしれません。「愛妻の日」である1月31日を迎える頃は、奥様も慌ただしいクリスマスや年末年始の行事を終え、ホッと一息ついていることでしょう。そんな奥様に、普段、なかなか伝えられない感謝の気持ちや愛情を伝えてみませんか。