8月の誕生石は?意味や特徴まとめ

2021-05-30

8月の誕生石は、ペリドットとサードニックスです。赤系統と緑系統で見た目も特徴もまったく異なる8月の誕生石ですが、色鮮やかで心奪われます。

この記事では8月の誕生石それぞれの特徴や意味を解説するとともに、8月の誕生石ジュエリーがおすすめな人をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

8月の誕生石の特徴と意味

8月の誕生石であるペリドットとサードニックスの特徴と意味についてご紹介します。

ペリドット

ペリドットは生命力あふれる輝きを放つ、透き通った黄緑色の宝石です。色の特徴から「オリーブ・グリーン」とも呼ばれ、和名は「橄欖(かんらん)石」で樹の名前がついています。

また、ペリドットは古代エジプトで「太陽の石」と呼ばれ崇拝されてきました。暗い場所でも輝く性質があり、苦しい状況でも希望を持ち、明るい未来へと導く石として大切にされたといわれています。エメラルドのように夜でも色あせない輝きから、「イブニング・エメラルド」の別名もあります。夜会のアクセサリーとしてもよく身につけられました。

ペリドットには夫婦の仲を保つ力があるとされており、幸せな家庭には欠かせないお守りとしてされてきました。邪気を避け、身につけている人の周りに起こる災いを払ってくれるいわれています。絆を深めたい、幸福を手に入れたい、という方に最適なお守りとなるでしょう。

隕石とよく似た成分の鉱物であり、地球の底の火山の爆発によって生まれたともいわれています。火山の近くで見つかることが多く、ハワイのお土産としてもよく販売されています。主な産地は、アメリカやノルウェー、ミャンマーなどです。ペリドットのなかで最も価値が高いとされるSクラスのペリドットは、ミャンマーで採れます。ペリドットは傷がつきやすい性質がありますが、ミャンマー産のものは大粒のきれいなものが多いそうです。

ペリドットの宝石言葉は「幸せ・平和・夫婦の愛」です。黄緑色のカラーから、癒し効果が高くネガティブな感情から守ってくれるといわれています。食欲不振や肝臓の働きを助けるともいわれています。

サードニックス

サードニックスはサードオニキスや、サードオニックス、サードニクスとも表記されます。和名は「紅縞瑪瑙(べにしまめのう)」で、真夏の太陽のような赤色から朱色、褐色をベースにホワイトで縞模様がついた宝石です。瑪瑙(アゲート)の仲間で、赤と白の棒線状の縞模様が出ているものを指します。

サードニックスの由来は、ギリシャ語で赤みがかった茶色を意味するsard(サード)、かぎ爪や縞模様を意味するonyx(オニックス)を合わせたものです。またトルコにあるアナトリア半島の中にある古代リュディア王国の首都であるSardis(サルディス)と、爪を意味するオニキスが合わさってできたという説もあります。

古代ローマやギリシャで人気があり、サードニックスに熱いワックスがつかないことから、紋章や印章、シグネットリングなどに使われてきました。層によって違ったデザインの縞模様が美しく、カメオ彫刻の材料としても重宝されたといわれています。

新約聖書のヨハネの黙示録では、世界の都「新エルサレム」の城壁の12の宝石としても使われたと記されています。サファイアやルビー、エメラルドなどがある中で、赤瑪瑙としてサードニックスが使われたとのことです。12の宝石の一つとして輝き、誕生石の由来の一つともされています。

サードニックスの宝石言葉は「夫婦円満・結婚・愛・魔除け・幸福」です。絆や生命力を深めるとされ、赤と白の調和がコミュニケーション、夫婦和合、子宝など、あらゆる人間関係を良好に保ち、絆を深めるといわれています。恋愛成就や結婚運が高まるともされ、さらにけがや病気から守ってくれるとも言われています。

8月の誕生石ジュエリーはこんなときにおすすめ

8月の誕生石ジュエリーは、以下のような人におすすめです。

  • 8月生まれの方の誕生日プレゼント
  • 赤系統・緑系統の宝石が好きな人
  • 組み合わせてクリスマスカラーに
  • 誕生石の意味がぴったり

8月生まれの方の誕生日プレゼントに選びやすい

プレゼントを贈る相手が8月生まれの方であれば、ペリドットやサードニックスのジュエリーは誕生日プレゼントに選びやすいです。毎年プレゼントを渡していて、今年は何をあげたらいいかわからない、と悩んでいる方は、ぜひ8月の誕生石ジュエリーをプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

ペリドットとサードニックスで色がまったく異なるため、相手の好きな色や似合う色に合わせて選んでみると良いでしょう。

赤系統・緑系統の宝石が好きな人におすすめ

ペリドットは透き通った黄緑色、サードニックスは情熱を感じる赤色なので、8月生まれではなくても赤や緑の宝石が好きな人にもおすすめです。

またサードニックスは入っている縞模様によって印象が変わるので、より相手に合わせたプレゼントができるかもしれません。さらに赤色や朱色、褐色まで微妙にカラーも変わるので、サードニックスの中でも選ぶ選択肢が広がります。

組み合わせるとクリスマスカラーに

8月の誕生石は緑系統と赤系統で、組み合わせるとクリスマスカラーにもなります。

8月だとクリスマスとは真逆の季節なので、「8月の誕生日にペリドットのジュエリーを渡し、12月のクリスマスにペリドットに合わせられるサードニックスのジュエリーをプレゼントするとおもしろいかもしれません。

4か月後にサードニックスをプレゼントしたときに、もらった方も「こんなに考えてくれていたんだ」と嬉しい気持ちになってくれるかもしれません。

誕生石の意味がぴったりの場合

ペリドットとサードニックスはともに、夫婦円満や愛情など、共通した宝石言葉を持っています。夫婦間のプレゼントなど、誕生石の意味がぴったりの場合にも8月の誕生石を使ったジュエリーをおすすめします。もっと親密になりたい恋人や、最近結婚した友人など、絆を深めるようなシーンでプレゼントするのにも適しているでしょう。

8月以外の月の誕生石一覧

8月以外の月には、どのような誕生石があるのでしょうか。誕生石の一覧は以下の通りです。

誕生石
1月 ガーネット
2月 アメシスト
3月 アクアマリン
ブラッドストーン
サンゴ
4月 ダイヤモンド
5月 エメラルド
ヒスイ
6月 パール(真珠)
ムーンストーン

アレキサンドライト

7月 ルビー

カーネリアン

8月 ペリドット

サードニックス

9月 サファイア
10月 オパール

トルマリン

11月 トパーズ

シトリン

12月 トルコ石

ラピスラズリ

タンザナイト

月によって1つしか誕生石がない月と、3つある月などがあります。誕生石の数は月に1つと決まっているわけではありません。アメリカの宝石商組合が誕生石を取り決め、各国でさらに細かく決めた結果、複数ある月もあるのです。

大切な方の誕生日を知っていても、誕生石まで把握していないという方は多いのではないでしょうか。自分の誕生石や大切な方の誕生石をこの機会に覚えておきましょう。

8月の誕生石ジュエリーを購入するなら「オールジュエリー」

オールジュエリーはジュエリー専門のネットショップで、国際・海外直輸入含めて8,000点以上のジュエリーを取り揃えています。

ネットショップと聞くと品質に問題がないのか不安に思う方もいるかもしれませんが、ネットショップでは実店舗を運営するために必要な各種費用が掛からないため、むしろ品質の高いジュエリーをお手頃価格で購入することができます。また、オールジュエリーはテレビや雑誌で特集されたこともあり、映画にジュエリーを提供したこともあります。

オールジュエリーでは8月の誕生石であるペリドットやサードニックス以外にもたくさんの種類のジュエリーを用意しています。希少なアレキサンドライトや質の高いパールなど、様々な色味、質感のジュエリーを用意していますので、まずはお気軽にサイトをご覧ください。

>>ジュエリーを探す<<

8月の誕生石の意味を知ってプレゼントしてみましょう

8月の誕生石であるペリドットとサードニックスの意味や特徴、8月の誕生石がおすすめな人についてご紹介しました。

透き通った黄緑色のペリドットと、情熱を感じられる赤色のサードニックスは、それぞれ夫婦円満や愛など絆に関する宝石言葉があります。この記事を参考に8月の誕生石の意味を知って、大切な方へプレゼントしてみてください。