【必読!】プロポーズに指輪を用意する際の注意点

幸せな結婚生活のなかで「あなたのプロポーズは最高だった」と何年経ってもすてきな思い出になり続けるようなプロポーズをしたいと思いませんか。そこでこの記事では、プロポーズに指輪を用意する際の注意点を解説していきます。また、「指輪を渡すタイミング」についても詳しい具体例をあげますので必読です。

「相手を深く考えること」が「プロポーズを成功に導くこと」につながると考えてまちがいありません。幸せな結婚生活を手に入れるために必要な「相手を深く考える」こととは?プロポーズに指輪を用意する際の注意点と一緒に考察していきましょう。

プロポーズに指輪を用意する際の注意点

幸せな結婚生活のなかで「あなたのプロポーズは最高だった」とずっと素敵な思い出になり続けるようなプロポーズの実現に向けて、まず指輪を用意する際の注意点をチェックしていきましょう。

基本的なチェック項目は「サイズ・刻印・受け取り日時」の三項目です。考慮するポイントは「ひとりで選ぶ」か「ふたりで選ぶ」の二択になります。

それではさっそく、相手を深く考えながらプロポーズに指輪を用意する際の注意点をご説明していきましょう。

サイズはしっかり確認を

すてきな思い出になり続けるようなプロポーズに必要なのは、「相手の左手の薬指のサイズにぴったりの指輪」です。

メジャーで測ったり、リングゲージで試せば確実なのですが、サプライズで指輪を用意したい場合は相手に勘づかれない方法でサイズ確認をしたいところですよね。そんなときはカフェにでも出掛けて、ストローの紙を相手の左手の薬指に巻きつけてみましょう。相手に勘づかれないようにうまくやるには、甘い雰囲気を出して「デートしてる感」でごまかしてください。

またはショッピングに出掛けて「ファッションリングを買う」という名目でショップでリングゲージをはめさせる方法はいかがでしょうか。そのときに購入するファッションリングはピンキーリングや他の指のものでもいいのですが、さりげなく左手の薬指をリングゲージで測ることを忘れないでください。

相手とお泊りする機会があるのならば、寝ている間に左手の薬指のサイズをメジャーで測ってしまえば正確なサイズがわかります。

ただし、骨の形やむくみの状況、指輪のデザインで相手にぴったりのサイズは変わりますので、プロポーズを成功させるためにはサイズ確認は慎重に行いましょう。

刻印のつづりミスがないかチェック

左手の薬指のサイズにぴったりの指輪が用意できたら、メッセージや名前を刻印して世界でひとつだけの特別な指輪を用意しましょう。

その際、つづりのミスがあっては台無しです。しっかりとチェックしておくことをおすすめします。

プロポーズ当日までに間に合うように準備できるか

サイズがぴったりで刻印も完璧な指輪を注文することができても、プロポーズ当日までに受け取り手元に用意できなければ、思い出に残るすてきな演出をすることはできません。

「受け取り日時はいつなのか」をしっかりと確認することが重要です。そのうえで、プロポーズをする日時を決め、相手との約束をとりつけます。

できれば余裕をもって、プロポーズの一週間前までには指輪が手元に届くように手配しておきましょう

サプライズよりも一緒に指輪を選びたい人もいる

指輪をサプライズで受け取るよりも、一緒に指輪を選びたい人もいます。

相手に秘密で基本的なチェック項目の「サイズ・刻印・受け取り日時」の三項目をひとりでこなすのは骨の折れる作業です。サプライズ好きの相手なら頑張りどころですが、「勝手にやれらるのは嫌」というアンチサプライズの人もいるので、そういった人が相手なら無理に頑張る必要はありません。

「指輪はふたりで選ぶ」という選択もあります

プロポーズで指輪を渡すタイミングは?

指輪をサプライズで渡すことを選んだ人も、相手と一緒に指輪を選ぶことを選んだ人も、指輪を渡すタイミングについてお悩みではないでしょうか。

そこで、指輪を渡すタイミングの具体例をいくつかあげていきますので、その場面をイメージしてみてください。

レストランでの食事終わり

レストランでの食事終わりは指輪を渡すタイミングとしておすすめです。

まずレストランで食事をするということは、相手はデートのために服装やヘアメイクをちゃんと整えてきている可能性が高いでしょう。記念に写真を撮っても問題がないので、後々結婚式のウェルカムボードやふたりの出会いを紹介するプロジェクターの映像などに使うこともできます。

また、レストランで食事を済ませておなかが満たされてホッと一息ついているときはリラックスした状態ではありませんか。リラックスした穏やかな雰囲気のなかならプロポーズの成功率は上がります。

間違いを起こしたくない、失敗をしたくない、と思うタイプの人にはレストランでの食事終わりのタイミングがおすすめです。

夜景を見ながら

夜景を見ながら指輪を渡すと、とてもロマンチックな雰囲気を演出できます。

ただ、このシチュエーションは綿密にプランを立てる必要があり、失敗したくない人には向いていません。夜景スポットでもイルミネーションスポットでもいいのですが、しっかりと下調べをしないと「思ったほどキレイな景色ではなかった」という失敗をしてします。イルミネーションスポットならば開催時期や時間をしっかりと下調べしておかないと、「なにもイベントのやっていないただの風景」をバックにプロポーズをしてしまうことになりかねません。

そして天候も重要です。屋外なら雨、風、寒すぎる、暑すぎるなどのリスクを考慮しなければなりません。その点、スカイツリーや東京タワーなどの屋内の展望台ならそのリスクは回避できます。ただ、屋内の展望台は混雑状況で雰囲気が悪くなるというリスクをはらんでいるので注意が必要です。

いろいろ考えると、夜景の見えるレストランをあらかじめ下調べしておいて予約することが最も無難でしょう。しかし、ワンランク上のサプライズで喜ばせたいのなら、しっかりと防寒して真冬のイルミネーションスポットやプロジェクションマッピングを見ながら指輪を渡すプランも「あり」です。例えば、横浜・八景島シーパラダイスの冬の特別プログラムである「プロジェクションマッピングをバックにおこなわれるイルカのナイトショー」を楽しみながら、指輪を渡してプロポーズするプランはいかがでしょうか。

ローリスクなプランも「失敗しない」というメリットがありますが、リスクをとってロマンチックな雰囲気を作り出せたほうが、より相手を感動させることができるでしょう。

思い出の場所で

ふたりだけの思い出の場所で指輪を渡してプロポーズすると、相手との絆が深まります。

ここで注意してほしいポイントは「相手が思っている思い出の場所」と「自分が思っている思い出の場所」が「同じ場所」であるかどうかです。このポイントをしっかりおさえておかないと、感動が半減してしまい残念でなりません。

普段の会話から「相手が思っている思い出の場所」を推察してください。もっと確実に探りたい場合は、ふたりの思い出アルバムとしてフォトブックを作成し、それを見ながら思い出について語り合う方法がおすすめです。フォトブックはネットでも写真屋さんの店舗でも作れます。相手の誕生日や記念日にフォトブックをプレゼントすると大変喜ばれますので、ぜひチャレンジしてみてください。

そして、「相手が思っている思い出の場所」が確定したらその場所でプロポーズをすれば、相手との絆がより深まるでしょう。

自宅で

意外な場所ですが自宅で指輪を渡してプロポーズすると、外では言えない甘い言葉をささやいたり愛を伝えられることができるので、相手をドキドキさせることができるでしょう。

しかし、タイミングが難しいのが自宅でのプロポーズです。例えば、相手が洗濯物をたたんでいるときにいきなり指輪を持ってきて「結婚してください」と言われても、「なんでこんなときに!?雰囲気もなにもない!!こんなプロポーズ嫌!!」と思われてしまうこともあります。

相手がドキドキするようなプロポーズをするタイミングは自分で作るのです。自宅でのプロポーズは時間帯を「夜」に設定するのをおすすめします。

例えば、あなたはある夜にプロポーズしたい相手と映画を見ながらお酒を飲んだり、スイーツを食べたり、リラックスしていました。そのタイミングで将来の夢やこれからも一緒にいたいことなどの前向きな会話をし、相手に指輪を渡してプロポーズの言葉をバシッと決めてしまいましょう。その後は相手のことを今、どれだけ愛しているかを「いろいろな方法で」アピールすれば完璧です。

このプランは事前準備がかなり重要なことだとお気づきになりましたか。ぶっつけ本番で事前準備なしにこのプランを実行すると100%後悔します。しかし、以下のポイントをしっかりおさえて事前準備しておけば100%「やって良かった」と思えるはずです。

【自宅でのプロポーズプランの事前準備リスト】

  • 実行する時間帯は「夜」かどうか
  • 照明は間接照明にしたか
  • 映画は「相手の好みに合わせたもの」かつ「雰囲気が良くなる」タイトルか
  • お酒、おつまみ、スイーツは「相手の好みに合わせたもの」かつ「雰囲気が良くなる」ものか
  • 「将来の夢」や「これからも一緒にいたいこと」などの前向きな会話の台本を考えたか
  • 指輪を用意してあるか
  • プロポーズの言葉をきちんと考えたか
  • 相手をドキドキさせる「甘い言葉」を考えたか
  • 「愛を伝えるいろいろな方法」を考えたか

自宅でのプロポーズは事前準備だけでなく、本番を堂々とやりきる勇気と、最後に相手をドキドキさせる「甘い言葉をささやくこと」と「いろいろな方法で愛を伝えられること」が求められるハードルが高いプランです。成功のためにはノートに書いたり、スマホのメモ機能に入力したりして、抜け・漏れがないかしっかりチェックしていきましょう。

演出や構成の実力が問われますが、成功すれば相手はあなたのことをより一層好きになってもらえるメリットがあるのでやってみる価値は高いプランです。

プロポーズの指輪はダイヤモンドじゃないとダメ?

ここまで素敵な思い出になり続けるような最高なプロポーズに必要なことをチェックしてきましたが、そもそもプロポーズに贈る指輪の宝石はダイヤモンドでなければいけないのでしょうか。

プロポーズに贈る指輪の宝石はダイヤモンドが王道ですが、相手が好きな宝石が他にあるなら、他の宝石でも良いでしょう。また、宝石なしの指輪という選択肢や、宝石だけ用意して指輪はプロポーズ後にサイズ合わせする方法などもあります。

指輪なしでプロポーズする方法もあるので相手の好みや関係性などを考慮して選択すべきです。必ずしもプロポーズに贈る指輪の宝石はダイヤモンドでなければいけないわけではありません。

プロポーズに急ぎで指輪が必要!そんなときは「オールジュエリー」

相手のニーズに応えることがプロポーズを大成功させる秘訣です。プロポーズに贈る指輪の宝石はダイヤモンドでなくても良いのです。しかしながら相手が好きな宝石を聞いて、それを探しに店舗を歩き回る時間はありますか。忙しい日々を送っている人には、相手のニーズに沿った指輪を用意するためだけに時間を割くことは難しいでしょう。とはいえ、プロポーズを大成功させ結婚後も最高の思い出になり続けるような演出をするためには、相手のニーズに細やかに応えることが重要です。

そこで、「オールジュエリー」をぜひご利用ください。オールジュエリーでは、約8,000点のジュエリーの中からプロポーズの相手が気に入るようなジュエリーを探すことができるでしょう。ネットショップですので、24時間いつでも時間のあるときに指輪を探すことができ、忙しい方にぴったりです。ダイヤモンドの指輪をはじめ、誕生石の指輪や珍しい宝石をあしらった指輪も用意しています。

また、ネットショップでは実店舗のジュエリーショップに比べると店舗維持費が掛からないため、実店舗よりもお得であるというメリットもあります。つまり実店舗では購入が難しかった大きなダイヤの指輪も、オールジュエリーであればお求めやすい価格でご提供可能です。

まずは一度サイトをご覧ください。

>>ジュエリーを探す<<

指輪を贈って心に残るプロポーズを

幸せな結婚生活のなかで「あなたのプロポーズは最高だった」とずっと素敵な思い出になり続けるようなプロポーズするには、相手のことを深く考えることが大切です。指輪を贈る相手が「私は深く愛されている」と実感すれば、プロポーズも成功しやすいでしょう。