【プロポーズの準備まとめ】プロポーズを成功させるためのポイント

プロポーズの準備をされている方は、プロポーズ成功のために様々な情報を集め、念入りな準備のもと本番に臨もうとされているのではないでしょうか。

この記事は結婚を控えた未婚男性のみなさま必見の、お役立ち情報をまとめました。「プロポーズの準備に一体なにから手をつければいいのか?」と途方にくれているあなたのために、具体的な方法やプロポーズの際に準備すべきものなどについてご紹介します。

プロポーズの準備は何をすればいい?

人生の一大イベントであるプロポーズにおいて、その準備は果たしてなにから取り掛かればよいのでしょうか。

最初の段階ではアイテムをいろいろと揃えるのではなく、綿密なリサーチとプランを立てることが大切です。失敗しないように念には念を入れて、さまざまなシチュエーションに対応できる、余裕を持ったプランを立てましょう。

相手はプロポーズを受けてくれそうかよく考える

もしかしたらあなたは「自分の仕事が落ち着いたらプロポーズする」と考えているかもしれません。しかし、それはプロポーズを断られる原因になることがあるのです。

昔の日本では「女性は結婚したら仕事をやめるものだから、男性が大黒柱としての稼ぎが十分に確保できるようになったらプロポーズをする」という常識がありました。しかし現在は「自分の仕事は結婚後もやめる気はない」という女性が増えてきています。

感情とは別に現実問題として、共働きでないと家を購入する資金や子どもの教育資金、夫婦の老後資金を作るのが難しいという家庭が増えています。つまり「自分自信のメリットとして共働きのほうが良い」という動かぬ現実があるということです。

つまり、自分の仕事が落ち着いたタイミングでも、「プロポーズの相手の仕事が落ち着いていないタイミング」である可能性が十分に高いのです。せっかくプロポーズされても、ちょうど仕事が波に乗っているときや、これから大きなプロジェクトや役職につく予定がある場合、女性は結婚をためらってしまうことがあるのです

そのため、相手の仕事の状況に気遣いをするべきでしょう。相手の仕事の状況や家族の事情などをヒアリングして誠実さをみせましょう。そうすればおのずとプロポーズの成功率が上げることにつながります。

プロポーズのタイミングを考える

次にプロポーズするタイミングについていくつかプランを立てていきます。

現在のプロポーズの新常識である『相手がプロポーズを受けてくれる状況かどうか』をよく考えることを軸にしてイメージしてみてください。相手の仕事の状況や家族の事情などのヒアリングが済んでいれば、プロポーズのタイミングを割り出すのは簡単です。

「彼女の仕事のあのプロジェクトが終わったら『お疲れ様会』と称してそのときにプロポーズしてみよう」

「幼稚園の先生は年度末が3月末。3学期の終業式が終わって春休みに入ったら旅行にでも誘ってそこでプロポーズを!」

「看護師の仕事は夜勤もあってキツイよな。プロポーズは次の日が休みの日勤終わりに食事に誘って、ってことにしようかな」

このように、相手の立場に立ってプランを立てていくのが正解です。さらにサプライズをしたい場合は、誕生日やふたりの記念日などのイベントにタイミングをかぶせると良いでしょう。

プロポーズの場所を考える

プロポーズする場所はふたりにとって『何年経っても色褪せない素晴らしい思い出の場所』になるのでよく吟味しましょう。

いろいろな場所の可能性がありますがおすすめの場所は「レストラン」です。プロポーズの場所をレストランにするだけでトラブルやミスを防げます。なぜかというとレストランは内装が計算し尽くされておりおしゃれで、ウェイターさんを味方にすることもできるのでトラブルやミスをカバーしやすいと言えるからです。中にはプロポーズのサポートに慣れたレストランもあります

ランチならカジュアルで親しみやすい雰囲気、ディナーならエレガントで落ち着いた雰囲気になるので、相手の好みに合わせて訪れる時間帯を調整してみてください。

プロポーズする際の雰囲気を考える

ここまででプロポーズするシチュエーションを具体的に考えてきました。ここからはさらに準備をより深く進めていきます。

「どんな雰囲気で相手にプロポーズしたら感動してもらえるか」を考えていきましょう。

前の項目でご説明した通り、同じレストランという場所でも訪れる時間帯によって雰囲気ががらりと変わります。水族館や遊園地も同じで、一般的に『昼』ならカジュアルで親しみやすい雰囲気、『夜』ならエレガントで落ち着いた雰囲気になるのではないでしょうか。

『昼』のカジュアルで親しみやすい雰囲気でのプロポーズは「結婚していつか子どもが産まれたら、休日はこういうところに家族でレジャーに出掛けたいね」という感じで相手に結婚生活をイメージしてもらうと誠実な気持ちが伝わります。

『夜』のエレガントで落ち着いた雰囲気でのプロポーズは、恋人として甘い雰囲気で幸せな時間が過ごせると思いませんか。夜景やイルミネーションスポットを眺めながら過ごす時間は、夢のようなロマンチックな時間です。特別感を演出できるでしょう。

どちらの雰囲気でいくかどうかは、相手の好みをリサーチして決めましょう。

プロポーズの言葉を考える

いよいよプロポーズの準備のメインともいえる「プロポーズの言葉」に取り掛かっていきます。

自分で0から文章を考えるのって難しいですよね。「胸の中に伝えたい思いはあるんだけど……」と、なかなかプロポーズの言葉が決まらない方もいるでしょう。

しかし、あなたの素直な気持ちが伝わればそれで良いのです。プロポーズの言葉だけは『相手本位』ではなく『自分の素直な気持ち』を表現したほうが、相手をより感動させられます。妙に気取った言葉でかっこよく決めようと思っても、女性の心にはストレートな言葉の方が刺さりやすいです

ぜひ素直な気持ちでプロポーズの言葉を考えましょう。

指輪や花、レストランなどの必要なものを用意する

相手のことを思いながらプロポーズのイメージを固めたら、実際に必要なものを手配したり予約したりしていきましょう。

ここまで綿密なリサーチとプランを立ててきました。あとは仕事と同じようにミスなく実行していくだけです。注文してから納品までの時間の換算や、協力者の要請など、社会人の方ならなんなくこなせるはずでしょう。

第三者に協力を要請する場合は依頼する

プロポーズのプランに協力者(友だちや相手のご両親など)が必要な場合は、協力を要請することを前の項目でもチラッと触れました。

協力者にも予定があるので、余裕をもった日程で前々から連絡を入れておきましょう。また、当日のスケジュールや依頼したい内容・タイミングはしっかり具体的に伝えておきましょう。

プロポーズのポイント

実際にプロポーズするうえで重要なポイントをいくつかあげていきます。

フラッシュモブなどの演出は相手の好みに合わせて

サプライズをされて喜ぶ人はどのくらいの割合なのでしょうか。

(株)みんなのウェディング&(株)ミクシィ・リサーチが合同で行った【プロポーズに関するアンケート】によると​、サプライズをされたい女性はなんとアンケート全体で87.8%を占める結果になりました。

設問は『​プロポーズのシチュエーションについて、ご自身の気持ちに最もあてはまるものをご回答ください』というもので、回答1『​指輪のサプライズがあると良い』と答えた​女性は30.8%、回答2『​指輪である必要はないけれど、なにかサプライズがあると良いと思う』と答えた​​女性は57.0%で、回答1と回答2を合算すると​87.8%になります。

このアンケート結果から、女性はサプライズを期待していると思う方が多いと思いますが、サプライズの種類によっては「やめてほしい」と思うものもあります。フラッシュモブによるサプライズプロポーズは、好き嫌いが別れ、プロポーズ相手が苦手としている場合は絶対におすすめできません。一方で周囲の力を借りた派手なサプライズが好きな人にはおすすめです。

相手がどんなタイプがに合わせてプロポーズの演出を調整しましょう。

予想外のことが起こってもあわてない

しっかりと準備を進めていても、予想外のことが起きることもあります。そんなときこそ、あなたの対応力が試されます。日頃の仕事でつちかった社会人としての力の見せどころです。

相手はトラブルが起こったときのあなたのカバー力を目の当たりにしたとき、あなたのことを惚れ直すでしょう。一方、トラブルに慌てて頼りない姿を見せてしまうと、恋心が冷めてしまうこともあります。心を落ち着けて頑張ってください。

相手の答えが何であっても受け入れる

相手の答えが「今はまだ早い」や「結婚は考えられない」ということもあるでしょう。しかしその場合に激昂したり、泣き落としにかかろうとしてはいけません。相手の心は急激に冷め、「プロポーズを断ったことは間違いではない」と思われるだけです。

プロポーズの答えが「No」だったとしても、しっかり受け止めましょう。「今はまだ早い」という答えの場合は、タイミングが合えばプロポーズを受けてくれる時がくるでしょう。また「結婚は考えられない」と言われた場合は、その理由について冷静に質問してみてもいいでしょう。その問題が解決できればプロポーズを受けてくれる可能性があります。

どちらにせよ、相手の気持ちを尊重することが大切です。

場合によっては日を改めてもいい

予定していたプロポーズが「ふたりにとってベストタイミングではない」と感じたら、日を改めることも大事なことです。落ち着いて、勇気を持って、日程調整すれば大丈夫です。

プロポーズに指輪は必要?

最近は固定概念が崩れて新しい『新常識』がいろいろなところで発生しています。『プロポーズに給料三か月分のダイヤモンドの指輪を贈る』という過去の常識は薄れつつあるかもしれません。特にプロポーズ当日に指輪を用意しなくても良さそうです。

理由を詳しくご説明します。

サイズが分からない場合は後で購入するのがおすすめ

プロポーズの際に『本物の婚約指輪』を用意する必要はありません。指輪は一度作ってしまうとサイズが違ったときにお直しが大変です。そこでサイズが分からない場合は後で購入するのがおすすめです。

無理に用意しても当日相手の指にはまらないといったことになれば、相手に恥をかかせてしまうかもしれません。

プロポーズ用の指輪レンタルサービスもある

ではプロポーズ当日の指輪はどうしたら良いかというと、プロポーズ用の指輪レンタルサービスを利用してみるのはいかがでしょうか。

『せっかく用意した指輪がサイズが違う』というのは相手の気持ちを冷めさせてしまう原因になりかねません。そんなリスクを排除するために『プロポーズ用の指輪レンタルサービスを利用する』という選択をするのは賢明な判断です。

また、レンタルサービスを使えば、指輪ありのサプライズプロポーズが可能な上に、後日二人で好きなデザインの結婚指輪を購入することができます。

プロポーズで指輪を探すなら「オールジュエリー」

プロポーズのために指輪を探しているならオールジュエリーをご利用ください。プレゼント用のラッピングも無料対応しており、即発送可能な商品もございます。定番のダイヤモンドのリングから誕生石をあしらったリング、珍しい宝石を使ったリングなど様々です。

プロポーズ用のサプライズリングをオールジュエリーで購入し、その後に二人で結婚指輪を決めるのもいいでしょう。刻印にも対応しています。

まずは一度サイトをご覧ください。

>>ジュエリーを探す<<

しっかり準備してプロポーズを成功させましょう

プロポーズの準備は何をすればいいかイメージできたでしょうか。しっかり準備してプロポーズを成功させましょう。