大晦日・元旦・年越しにプロポーズするメリットとは?年越しプロポーズのポイント

恋人と一緒に過ごせる時間が取りやすい年末年始。そろそろ結婚を意識しはじめているなら、恋人に似合う指輪をプレゼントしてプロポーズをするのに最適なシチュエーションです。時間があればサプライズを企画して、一生の想い出に残るプロポーズを演出してみましょう。年末年始は、どこか心が華やいでワクワクするものです。街がお祝いムードに包まれるのも、この時期ならではの雰囲気です。

この記事では、年末年始がプロポーズに向いている理由から成功のポイント、指輪の準備の仕方まで詳しく紹介していきます。ぜひ最後まで読んで、心に残る年末年始のプロポーズにお役立てください。

大晦日・元旦・年越しにプロポーズするメリット

年末年始は、1年の中でもプロポーズに最適な季節といえます。というのも、比較的まとまった休みが取りやすく、気持ちの面でも新しい環境を受け入れやすくなるからです。

この項目では、年末年始をプロポーズの時期に選ぶメリットを3つ挙げて解説していきます。早速確認していきましょう。

お互いに休みを取りやすい

年末年始は、2人の休みを合わせやすい時期といえます。最近では夏休みをずらして取得する会社も多くなってきましたが、冬休みは年越しがあるので一斉に休暇を取るのが一般的です。長い休みを合わせて取得できるのは、1年の中でも年末年始のみというカップルも多いでしょう。これはプロポーズにとって絶好の追い風になります。

クリスマスは仕事が入ってしまうことがあっても、大晦日や元旦は一緒に過ごしたいものです。早いうちから相手の冬休みの期間を確認し、同じ期間に休みが取れるように調整しておいてください。

普段より一緒にいる時間が長く取れれば、いい雰囲気の中でプロポーズを決行することができます。くれぐれも、ささいなことで喧嘩をしたり微妙な空気になったりすることがないように配慮するのも大切です。

プロポーズの日程は、できるだけ長く一緒にいられるように計画を立て、お互いの温度が同じように高まったタイミングで行えるようにするとベストです。

年末年始は、まとまった休暇を2人で一緒に過ごせることがメリットの1つといえるでしょう。

年の切り替わりでけじめをつけやすい

新年を迎える際には、1年の抱負を考えてリフレッシュした気持ちで物事に向き合う人が多いでしょう。年末は多忙な日々に追われていても、年を越すと背筋がピンと伸びる感覚になるものです。年が変わると、去りゆく年をリセットしてゼロからスタートできる気分になれるからでしょう。

このように1年の区切りで心が落ち着いているときこそ、結婚について思いを巡らせるのに適していると思いませんか。結婚といえば、ライフステージにおけるビックイベントです。日常に流され仕事に忙殺されているときには、自分の将来について腰を据えて考える余裕がありません。年末年始であれば、日頃の忙しさを一旦忘れて自分を振り返ることができるのです。

年末年始は過去より未来についてゆっくり考える時間が持てることも、メリットといえます。

お互いの家族へ報告・挨拶がしやすい

年末年始に帰省をする習慣がある人も多いでしょう。年越しのタイミングでプロポーズをすれば、自然な流れで相手の実家を訪問することができます。

平時に突然実家を訪れるのは、相手の家族もやや身構えてしまう可能性があります。年末年始であれば、普段別々に過ごしている家族が集まることも多く、うまくいけば相手の兄弟とも顔を合わせることができるでしょう。

結婚は、家と家がつながることでもあるので、お互いの家族に筋を通すことが欠かせません。年末年始にご挨拶に出向くのはとても印象が良く、後の展開をスムーズに進めるためにも最適だといえます。

大晦日・元旦・年越しにプロポーズする際のポイント

プロポーズを成功させるためには、相手と真摯に向き合う誠実な愛情と熱意が欠かせません。さらに、盛り上がった気持ちが冷めないように、スムーズな流れで段取りよく進めることも大切です。

まずは具体的な日程を決め、指輪を選ぶことからはじめます。それから、プロポーズ当日のプランを具体的に決めましょう。どんな言葉でプロポーズをするのか、事前にきちんと決めておくと失敗がありません。リラックスして、正直な気持ちを正面から伝えることを心がけてくださいね。

さて、この項目では年末年始にプロポーズをする際に抑えておきたいポイントを3つ紹介します。この時期ならではのポイントをしっかり頭に入れておきましょう。

確実に年末年始に会えるのか確認を

まず、プロポーズをしようと思って連絡したら相手が遠方の実家に居たという悲しい笑い話にならないように、事前に年末年始の予定を確認しておきましょう。日の出ドライブや初詣デートの約束をするなど、会う約束をしっかり取り付けておくことが大切です。独りよがりの妄想で予定を立てていると、スタートからつまずいてしまいます。

万が一、相手が帰省する予定があるのであれば、無理やりデートの約束をお願いするのはNGです。しつこく強要することで、結婚後も束縛をされるのではないかと不信感をもたれてしまうかもしれません。

こういった場合は年末年始のプロポーズは断念して、戻ってきてからゆっくり会う時間を作りましょう。年末年始は、プロポーズのプランをじっくり練る時間にあててください。年末年始にプロポーズをしようと決めた時点で、できるだけ早く相手の予定を確認することが重要です。

ゆっくり時間が取れるときにプロポーズする

年末年始にプロポーズをするなら、周りの環境が普段とは少し違うことを忘れないようにしましょう。年末はお正月の準備、年が明けたら初詣や初売りなどで多くの人が街へ繰り出します。たいていの場所はたくさんの人で賑わっているでしょう。いつもなら2人きりで楽しめた穴場のデートスポットも、大勢の人が集まっている可能性があります。そんな喧騒の中でプロポーズをしては、雰囲気が台無しです。

プロポーズはシチュエーションが命です。誰にも邪魔されず、落ち着いて話ができる場所を確保しておきましょう。例えば、2人の想い出の遊園地でプロポーズをしたいなら、観覧車を利用するのがおすすめです。デートの最後に、個室でディナーを楽しみながらプロポーズに持ち込むのもいいでしょう。

他にも、賑やかな場所でのデートから自然な流れで静かに話ができる場所に移動することは可能です。行き当たりばったりではなく、事前に下見をして探しておくことが大切です。当日になって、静かな場所を求めて相手を延々連れまわすという事態に陥ってしまったら最悪です。険悪な雰囲気になって、うまくいくものもいかなくなってしまいます。

また、年末年始は何かとスケジュールが立て込みがちなことも考慮しましょう。プロポーズをするなら、お互いに他の予定がない日を選んでください。大事な話をする日に、他の予定が控えていたのでは気分的に落ち着かないからです。

約束をした日に1日空いているか、きちんと聞いておくようにしましょう。静かな場所とゆっくり話せる時間を確保しておくことで、リラックスしてプロポーズにのぞめるはずです。

相手が望む理想のプロポーズを優先する

予定を合わせて、静かな場所と充分な時間が用意できたら、最後はシーンの設定です。可能であれば、相手が望んでいるプロポーズを実現するのがベストです。

誕生日やクリスマスなど、何気ない会話の中でいつプロポーズをされるのが嬉しいのか聞き出してみましょう。「そういえば、女優の●●はバレンタインにプロポーズをされたらしいよ。■■ちゃんは、そういうのを考えたことある?」など、不自然にならないようにさらっと聞いてみてください。

ただし、忙しくて希望の日に合わせるのが難しいのであれば、休みが合わせやすい年末年始にプロポーズを行うのをおすすめします。忙しさで先延ばしにしてしまって、きっかけを逃してしまうこともあるからです

理想的なプロポーズを尊重しつつ、難しければゆっくり時間が取りやすい年末年始にシフトチェンジをするというように、柔軟に対応しましょう。

大晦日・元旦・年越しプロポーズで指輪はどうする?

プロポーズに指輪をプレゼントされるのは、女性の憧れのシーンでもあります。ドラマのように粋な演出で指輪を贈られるのも、多くの女性が喜びを感じるでしょう。

さて、あなたはどのように指輪を贈る予定ですか。

この項目では、年末年始にプロポーズをする際の指輪について取り上げていきます。日頃からそれとなく話題を振ってみて、相手が指輪についてどんな考えを持っているか探っておくといいでしょう。

なくてもいい

こだわりの強いタイプの相手であれば、好みに合わない指輪を買って幻滅されるよりも、プロポーズの後で一緒に買いにいく方がいいでしょう。

ただし、指輪を選ぶ際も油断しないでください。「どれでもいい」ではなく相手の意見を聞きながら自分の考えをしっかり伝えることが大切です。意見がないと、やる気がないように思われてしまうからです。やる気のなさは、結婚についても中途半端な感情なのではないかと疑われかねません。

女性にとって、結婚指輪選びは楽しみの1つであり、大事な選択の1つでもあります。男性は、よくわからないながらも自分が感じたことをしっかり伝えることで真剣さを理解してもらえます。

女性とのショッピングでは、肯定してばかりでも否定してばかりでもダメです。絶妙なラインで女性が喜ぶ反応を探りながら対応しましょう。

指輪でなくてもいい

プロポーズの際の贈り物は、指輪に限らずネックレスやペアブレスレット、お揃いの腕時計などでも問題ありません。職業的に普段から指輪をつけられない人もいるからです。例えば、医療系の仕事に携わっている場合などです。

プロポーズの当日ではなく後から一緒に選ぶ場合も、どんなものが欲しいか聞いてみましょう。普段使いできる誕生石のアクセサリーなども魅力的です。

年末年始はジュエリーショップがお休みの場合がある

イベント好きで、サプライズされると喜ぶタイプの相手であれば、事前に指輪を用意して演出を仕込んでみましょう。突然渡した花束に指輪が隠されていたり、家で一緒に飲むお酒に指輪を入れて置いたりなど、相手が喜びそうな仕掛けを考えてみてください。

ただし、注意したいのは年末年始に休業しているジュエリーショップも多いことです。なるべく余裕をもって準備をしておくように心がけましょう。年末年始の休業日もホームページなどで確認しておくようにしてください。

ネット通販なら急ぎでも対応できる可能性が高い

年末は忙しくてジュエリーショップに足を運ぶのが難しい場合は、インターネット通販を利用するのもいいでしょう。オプションなどで早めに配送してくれるサービスを行っている場合もあるので、ギリギリになってしまったら利用してみましょう。

インターネット通販サイトは、実店がありません。光熱費や賃料、人件費といった維持費がかからないのです。そのため、より価格を抑えて高品質のジュエリーを購入することができるのが特徴です

インターネット通販なら、通勤時間やランチタイムなどの隙間時間でじっくり比較検討をすることができるのもメリットといえます。また、急遽プロポーズをすることになったときにも、インターネット通販を検討してみてください。

大晦日・元旦・年越しプロポーズなら「オールジュエリー」

年越しのプロポーズを検討するなら、大切な人への贈り物はインターネット通販の「オールジュエリー」をご利用ください。「オールジュエリー」には、海外直輸入から国産まで約8,000点ものさまざまなジュリーが揃っています。

インターネット通販ならではの手ごろな価格でハイクオリティなジュエリーを購入することができます。贈り物に欠かせないラッピングも無料対応であるため、届いたらすぐに渡すことができます

年末年始の忙しい時期に、百貨店や複数のジュエリーショップを探し回るのはかなりの労力が必要です。普段から選び慣れていない人にとっては、さらにハードルが高くなってしまいます。

オールジュエリーを利用すれば、どこにいても24時間たくさんの商品の中からセレクトすることができます。どんなに忙しくても満足できる贈り物を見つけることができるでしょう。

一生に一度のプロポーズの想い出を彩るジュエリーは、納得できるものを選びましょう。

>>ジュエリーを探す<<

大晦日・元旦・年越しを機に大切な人へプロポーズを

プロポーズのタイミングとして、大晦日から元旦にかけての年越しが最適な理由がわかりましたか。新たな一年に想いを馳せているときの思いがけないサプライズは、新年の幕開けにふさわしいイベントとして喜んでもらえるはずです。

プロポーズをする側にとっても、年が変わるタイミングは心を決めるのに適しています。新しい年に人生のステージが変わることをイメージすれば、気持ちが高揚して思わぬ行動力が発揮できるからです。

また、日頃からお互いに忙しくて会える時間が限られている2人も、いつもより長く一緒にいられるのも年末年始ならではです。こうした好条件が揃っているのは、年越しの時期だけといえるでしょう。この機会を逃してしまえば、また1年後まで待つことになります。

ぜひ、今年の年越しには最愛の人へのプロポーズを実現して、新年を幸せな気持ちで迎えましょう。